歯の角が折れてしまった。中心結節破折治療

2020/06/27

患者さんの中には、たまに下の小さい奥歯(第二小臼歯)に角がでていることがあります。この角は、中心結節と呼ばれ、統計的には全体の1~4%出現率があると言われていますが、実感としては、もう少し多く感じます。この角は細く脆いので、生えてきた時点で、角の周りに接着性レジンで保護しておく予防法が有効なのですが、不幸にも折れてしまった場合、歯の神経感染し、周囲の骨まで菌が侵入してしまう事さえおこります。上の図は、2週間前、左下奥歯の痛みを訴えて来院された方のレントゲンです。検査すると、虫歯はないのに、すでに神経は腐っており、根の先が黒く映っています。これは、骨がすでに溶けている状態で、さっそく歯を削り、根管消毒をしました。本日、根の消毒を終えた(根充レントゲン下の図になります。感染源がなくなると、骨は再生してくるので、経過を追っていく予定です。中心結節が破折しても、無症状のまま、悪化することもあるので、気になる方はぜひご相談ください。

歯について
こんなお悩みはありませんか?

詳しくはコチラ

  • 日本最大の審美歯科ブランド加盟院。
  • デンタルエステサロン ホワイトエッセンス 奈良神殿Blog
  • 求人情報 DENTAL CLINIC RECRUIT
  • アクセスマップ ACCESS MAP