OkamotoDentalClinic

治療項目 l 予防と管理 l 小児 >> フッ素 l 自費・審美


フッ素ってなに?
フッ素は自然界にも存在し、わかめ、海苔、魚介類、小魚、お茶などに多く含まれる歯を丈夫にする栄養素のことです。

虫歯予防としては?

[1]オフィスケア
歯科医院で、濃度の濃いフッ素を定期的に塗布する。[院内2%フッ化ナトリウム使用]

[2]ホームケア
まず、フッ素入り歯磨き粉を使う。フッ素単体のジェルやスプレーうがい薬など使う[フッ素1.000ppm以上使用]

 
フッ素の効果は?

[1]歯を強くする

[2]歯の再石灰化
一度溶けてしまったエナメル質が再び結晶化するように、促進する働きがある。
ただし、C1程度より進んでしまった虫歯には再石灰化の効果は期待できない。

[3]歯垢(プラーク)の生成をおさえる
歯垢の中にフッ素が停滞し虫歯菌の活性を阻害したり、酸を作らせないようにする。

[4]子供の虫歯予防に役立つ
歯質が未熟な子供は虫歯になりやすく、歯垢の除去が難しい。
フッ素をもちいる事で、かなりの効果が期待できる。もちろん大人にも有効。

 

Copyright (C) 2010 Okamoto Dental Clinic. All Rights Reserved.