OkamotoDentalClinic

症例

  • お知らせ
  • スタッフブログ
  • 症例
  • facebook

矯正治療矯正治療

問題点と改善

顎の成長が残っている成長期の段階で、顎や歯列の横幅を広げたり、歯を後ろへ送ることで歯が並ぶ場所をつくり、なるべく歯を抜かずに配列できる環境を整えます。また顎の横幅を拡大することで鼻腔が広がり、口腔内容積も増えるので、呼吸しやすい環境を整えることができます。

  • 【治療前】

  • 【治療後】

治療期間 1年6ヶ月
治療費用 ****ヶ月

Copyright (C) 2013 Okamoto Dental Clinic. All Rights Reserved.